PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

裏銀座縦走(改) VOL.4

北アルプスのど真ん中。
縦走4日目。

笠ヶ岳へ・・・。


IMG_0882.jpg



双六のテントの中でずっと星を眺めてました。
流れ星を10個数えたら眠ろう。そんな贅沢な遊び。
明日は4時出発。
槍~穂高のパノラマを横目に大笠へ。
さあ、明日は実質最終行程。
それに備えて眠ろう。
・・・。

★目覚めは2時過ぎ。食事を簡単に済ますとテントを撤収。
星明りの下をヘッドランプの光で前進。
笠へ向かう人はだいぶ先に一名だけ。
ひとりで足を運びます。


IMG_0899.jpg



弓折岳を過ぎると夜明けの光が満ちてゆきました。
今日もどうか一日好天が続きますように。


IMG_2218.jpg



槍のシルエットに朝陽が射してゆきます。
北アルプスにいる・・・。
あらためて実感する瞬間。

進めば目指す笠の姿が。
端正な山容。
でも、まだまだ高くそして遠い。


IMG_2224.jpg



山では朝陽が昇りきる前の時間が一番好きです。
静かにあらゆるものが目覚めてゆく。


IMG_2226.jpg



黒部五郎岳と遠く薬師岳。
ああ、もう一度戻ってゆっくりしたいな。


IMG_2229.jpg



秩父平、ここを過ぎると急登の連続。


IMG_0905.jpg



稜線は森林限界を越えて風吹く稜線へ。


IMG_2231.jpg



笠新道への分岐にザックをデポ。
ここから先はほぼ空身で進みました。


IMG_2262.jpg



いよいよ目指す山頂へ。
空身とはいえ、数日分の疲労感と山旅の終わりに近づいての寂しさからか、どこか身体が重く感じました。


IMG_2258.jpg



笠ヶ岳山頂。
全方位の大展望。
槍~穂高の稜線が目の前に。


IMG_2234.jpg



遠く乗鞍岳に御岳山。


IMG_2235.jpg



あと一日あったらどこへ寄っただろう・・・?

・・・名残惜しくも下山開始。
今日はワサビ平の小屋に向かいます。

往路を引き返して、笠新道へ。


IMG_2250.jpg



槍ヶ岳。
何度眺めても美しく気高い山。


IMG_2244.jpg



はるか下界には新穂高方面が。
明日は温泉が待ってるぜ。

笠新道は結構な標高差を一気に落としてゆきます。


IMG_2259.jpg



・・・たいした距離では無いにもかかわらず、ふらふらしながら笠新道入口に到着。


IMG_2267.jpg



ワサビ平小屋へ到着。
明日から山へ上がる人たちがほとんど。


IMG_2272.jpg



長らく待ちわびた生ビール様。


IMG_2269.jpg



そして今日のご褒美、ラーメン様。


IMG_2274.jpg



あー。感無量。

今年も夏が終わった・・・。

| | 22:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://mkwa.blog65.fc2.com/tb.php/41-a8ac3bc8

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。