PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

裏銀座縦走(改) Vol.1

 8月14日【火】いよいよ入山。

高瀬ダム堤より烏帽子岳を目指して出発。

20070819102923.jpg







 今回の予定コースは烏帽子岳⇒野口五郎岳⇒水晶岳⇒鷲羽岳…と

ここまでは通常の裏銀座コースなのけど、三俣をベースに黒部五郎岳を

周回して双六経由、最終目的地を笠ヶ岳としたもの。

行動時間はほぼ連日10時間以上になるので全泊テント。

・・・体力と時間管理、行動食の配分さえうまくやれば問題なくクリアできる。

そんな思いを胸に北アのど真ん中を縦走することにしました。


皆さんすったすったと出発していきます。

しかし久々の80Lザック、重てーな・・・。

 
IMG_0679.jpg



ブナ立尾根を登りぐんぐん高度を上げます。

・・・が、なかなか目指す稜線は近づかない。

仕事をこなしてからの夜行列車での入山はやはりきつかった。


20070819102947.jpg



IMG_0687.jpg



やっとこさ稜線に近づくころには陽も高く上がりかなりの発汗作用。そしてバテバテ。


IMG_0693.jpg



ようやく烏帽子小屋に到着。


20070819103319.jpg



コースタイムよりもだいぶ早い到着。

眼下には、はるか下方にコバルトブルーの高瀬湖が。


IMG_0703.jpg



煙草を一服し落ち着いてくると、頭に変な考えが浮かんできました。

ちょっと待てよ。今日中に三ッ岳を越えて野口五郎の小屋まで

駒を進めようか・・・。

そうすると明日以降がぐんと楽になる。

でも、いまから三ッ岳までの登りは結構こたえるな。その疲れは後々

引きずりそうだし・・・。


よし、やめたやめた。

予定通り今日はここにテント張って烏帽子まで遊びに行こう。


20070819103149.jpg

 

IMG_0704.jpg



ニセ烏帽子付近に来るとガスが巻き始め、烏帽子本体はまったく見えず。

頂上直下に来るころはまさに視界10mといったところ。


IMG_0724.jpg



結局烏帽子山頂からの展望は得られずじまい。

つまらんから烏帽子の最高部の岩塔を撮ってみました。

20070819103204.jpg


| | 10:34 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

 今回の登山、同行できず残念でした。
 引き続きブログ楽しみに読ませてもらいます!
 

| ネイティブスタイル | 2007/08/19 23:14 | URL | ≫ EDIT

どうもです。

今回は長い山行だったので、ゆっくりと更新しようかと思ってます。

来月にでも残暑の山に行きましょう。

| まもと | 2007/08/20 23:20 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://mkwa.blog65.fc2.com/tb.php/38-40709537

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。